スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊手術の大切さ

うららを保護した背景に、たくさん餌をやってかわいがっていた人たちがいた。
その中にいなくなったらさびしいって言った人もいて飼ってあげれたらいいのだけど。。という人もいた。
ただその後のアクションをする人はいなかった。

外にいる猫をかわいそうだと餌をやる人って結構多い。
その好意が実は新たな不幸の連鎖へつながるという危機感を持ってる人は非常に少ない。

公園でもそうだが、不特定多数の餌やりがいる場合、ネコにだれも責任をもつ人がいないという欠点がある。
たとえば、問題が表面化したときに、たいていの人は餌やりをやめてしまう。もしくはだれにもばれないように餌をばらまいてしまう。
手術費用を皆で出しあおうなどという考えはまずでない。
なんでわたしがということになってしまう。

その解決策を模索する人は、たぶんかなりの少数派である。
今回は保護して里親探しをするという案にもっていくことになったが、
手術して世話をして地域ねこにしようといっても、責任をもって世話します。とはなかなかならない。

なぜなら人は面倒なことにクビをつっこみたくない。
できれば責任をおいたくはない。
しかしながら、猫がかわいそうなので餌をあげよう。
そういった人が大多数である。

辛い現実は今、もうここにあるのだ。

この時期殺処分で持ち込まれる子猫や遺棄される子猫があとを絶たない。

それはこうして生まれてきた猫たちに他ならない。
不幸の連鎖は断ち切りましょう。お世話しているネコは不妊手術をしましょう。

それはきっとあなたもあなたのお世話しているネコも救うことだと私は思う。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。