ありがとう

有難う とは有ることが難しいと書く。
たとえば誰かが自分のことを想って何か声をかけてくれることは、なんと嬉しいことだろうか?と思う。
人は本来、自分の欲望のために行動することが自然で、誰かのために行動するということは不自然である。
とはいっても、人として、おはよう、さようならという挨拶、子供のころから言うように躾されていて当たり前になっている。
当たり前だと思うから何とも思えなくなっていくのではないかと思う。
本来人のために何かをするということは難しいことである。
誰かが自分に声をかけてくれる 笑いかけてくれるということはなんと嬉しいことなのであろうか
ましてやだれかと一緒に何かをやるとか、何かをしてもらうなどということは、なんと有ることが難しいことかと思う。
当たり前が当たり前だとおもわずに、生きていきたい。
日々感謝してます。私に声をかけてくれてありがとう。
知り合ってくれてありがとう。助けてくれてありがとう。頼ってくれてありがとう。励ましてくれてありがとう。
一緒に喜んでくれてありがとう。メールくれてありがとう。
ここにきてくれてありがとう
心からそう思う。

まるちゃんです。
彼女はまだ家族の愛を知らない
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

コメント

Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ