スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報過多で混乱する

FIP(猫伝染性腹膜炎)。

多頭で一匹が発症した場合、隔離しなくてはならないのか?という点で。以下ある獣医の転載

これは猫コロナウィルスが強毒型に変異したものと言われています。
猫コロナウィルスは多くの猫が感染していると言われていますが、実はどのように変異をするのか、どのような条件で変異をするのかがよくわかっていません。
そして生前診断が難しい(ほぼ不可能)なのもこのFIPなんです。
なぜ生前診断が難しいか、それはコロナウィルスの変異型だからです。
現在の検査ではコロナウィルスの検査はできますが、変異型の検査との区別ができません。
要するにコロナウィルス陽性だからといってFIPとは言えないんです。
そして逆に明らかに臨床症状から、その他の検査からもFIPが疑わしいものでもコロナウィルス陰性となることがあるために陰性だからといってFIPではないとも言えないんです。
ということで私自身はコロナウィルスの検査をすることはないですし、もちろんコロナウィルスの検査を持ってFIPを語ることはできないと思っています。
少なくとも私が猫の感染症を勉強して来た範囲での判断ではありますが。
この辺はまだまだ議論の余地があり、獣医師によって考えは違うのかもしれません。

そして面倒なことにこのFIPには臨床症状によって2つのタイプに分かれます。
一つはウェットタイプ(滲出型)とドライタイプ(非滲出型)。
ウェットタイプはその名前の通り、腹膜炎から腹水、胸水が溜まります。
なのである意味疑いやすいということになります。
腹水も結構特徴的です。
一方ドライタイプは症状が一致しません。
ウェットタイプに対しての名前がついただけなので、ウェットタイプではない場合をドライタイプと言います。
ということで実は発見が遅れることも多々あり・・・
いい訳ですね・・・
最終的には黄疸が出たり、神経症状が出たりしてやっと確信が持てるようになります。

そしてFIPは経過が早い。
あっという間に亡くなってしまうことも少なくない、我々獣医師が一番恐れる感染症のひとつです。

そしてこの病気で混乱するのがやはり「猫伝染性腹膜炎」という名前です。
コロナウィルス感染症ですから「伝染性」と昔の先生方は分類したのでしょう。
が、実はノーマルコロナウィルスは猫から猫へ感染しますが、変異型(FIPウィルス)は猫から猫へと感染が成立しません。
ですので名前は「猫伝染性腹膜炎」なのですが、「非伝染性」なんです。
FIPを発症した猫の腹水を健康な猫の腹腔内に注入しても感染が成立しないという研究が発表されています。
もちろん輸血をしても同じです。
病原性が低い猫コロナウィルスは感染性があるのに、強毒型であるFIPウィルスは感染性がない。
このことがこの感染症の理解を混乱させています。
そういった意味では本当に謎のウィルスなんです。
なのでFIPを発症したとしても他の感染症のように厳格に隔離する必要はないですし、同居猫に感染するかと言われれば「感染しない」ということなんだそうです

補足 FIPにはさまざまな情報がネットにのっており未だに解明されていない難しい病気であり。
隔離せよという獣医もおります。
なにを選択するのかは自己責任であるといえます
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

コメント

Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。