スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコちゃんの赤い糸繋がれ

いまにもくずれそうな畑の納屋 波型のとたんの屋根は経年劣化が進んで無数の穴。
壁というのか柱に打ち付けられた方のトタンは、すでに壁の役割は、はたされていない。
足の踏み場に困るような,なにかしらあるその場所に猫たちが繁殖していた。

その中にリコ君はいた。

「転ぶんだ。足が3本だからね、でも仕方ない誰も…貰ってもらえないだろうから」そういって餌やりさんは諦めていた。
DSC_3600.jpg

ここならまだ屋根があるから。。そう屋根がある、壁がある。それはもしかしたら外猫という大きなくくりの中では幸せなのかもしれなかった。

去勢手術の後、外で暮らしていくにはあまりにも厳しい事実が判明したという。
飼いネコと外猫の格差、知りたくない現実。

誰かが手を差し伸べてくれることを彼はきっと待っていたと思うの
それでも多頭ではなく少数で飼ってもらえたら嬉しいけど…ムリか。そういって会の仲間が保護した。

リコちゃん、とても健康です。そしてあまえっこさん
彼は断脚手術をして、今は転ばないでふつうに暮らせます。
DSC_3597.jpg

まだ2歳くらい とってもとっても美形さん
そして家族を待っています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

コメント

Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。