スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブームなんていらねえ

猫ブームだという。

私は、ものごころついたときから、猫が好きで。
小さいときは、野良ネコの喧嘩を止めに入って、血だらけになったり。
だめだという両親の言い分も聞かず、勝手にもらってきたはちわれ黒白ソックス♂。

かわいかったけど、反対した母になついて。
いやだといった姉の布団で、いつも寝ていた。
動かない父の膝が好きだった。

私はいつも、夜中にかえってくる彼を、うちに入れる係で、嫌われて、ひっかかれてばかり。

今考えると、さかり。
怪我して帰ってくることが多くなって、ある日姿を消してしまった。

母が一番悲しそうで、もう生き物は飼わないと言った。

あの頃去勢という知識がなかったことや、中外飼いで寿命を短くしてしまった。

知識がないということは、命を預かるということにおいて罪深い。

流行なんていつか終わるから・・・。そんものはいらない。

安易な考えで飼うのではなく、ちゃんとした知識と覚悟が必要。


るみさん  避妊手術がんばりました!若いから回復力も大

私はあの頃の無知であった後悔を、ずっと忘れることができない。

ぽちっと➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

コメント

私たちが子供の頃って きっとそういう飼いかたの方が多かったんでしょうねー。
去勢避妊なんて言葉も知らなかったし、内外飼いだから 最後は車に轢かれて死んじゃった子もいたし、
調子が悪そうでも病院だってそうそう連れて行かないし、、、
だから家猫なのに3年から5年くらいで死んじゃった子ばかりだったなー…
だけど 今だって数年前の私のように その頃とあまり変わりない認識の人が多いんでしょうね。
猫ブームだと テレビや雑誌で見るたび、どうせ取り上げるんであれば可愛さばっかに特化しないで、飼う為の知識も きちんと伝えて欲しいです。

るみちゃん、頑張ったね^ ^

やちさま

Re: タイトルなし

そうそう、怪我したから病院へつれてってといっても
いくらかかるかわからん!保険がきかなくてめちゃ高い!って言われて子供心にただ悲しかったなあ。

今考えると親に何も言えない知らない自分も、そして親も、最低!!って思うわ。

TVタックルで避妊去勢が可哀想だと思う人も多くいるという事実。
そういった感覚が多頭崩壊や遺棄につながってしまうのだと痛切に感じます

るみさんかわいかった~。唸ってました~


Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。