涙が勝手にでてくる

ぶんてんが初めてのトライアルに旅立った。岐阜まで2時間、キャリーの中で死んだように声をださない。
のぞきこんだら、緊張しているのか、目つきが余計に悪くなって、スナイパーになってる。。
ぶんてんお願いしますなんて、こっちから頼んでしまった。
快諾してくれて、なんだか申し訳なさすぎて、ぶんてん見て、いやだ~lこんなにでっかいの?って思われないかしら?びびりだし、気に入ってもらえないかも・・・なんだか逃げ出したい気持ちになってくる。
ネガティブシンキングです自信ないよ。。

到着したのは見覚えのあるあのおうち。そうシャム母さんのおうち。

里親さんはぶんてんを見るなりかわいいって。。聞き間違えじゃなくてかわいいって。
うそ、泣きそう、いかん、かわいくないです。そう無理しちゃいけない、お戻しになっても全然当たり前ですから
そういって一週間ぶんてんのこと大切にしますって正式譲渡になった。

びびりのぶんてんがこんなにリラックスしてる
ぶんてんは留三郎って名前になってずっと死ぬまでかわいがってくれるって。
メールみて、いろんなことが思い出されて、涙がとまらなくなって、こっちの蛇口をとめなくちゃ。。
皆に助けられてると実感します。ありがとう。感謝しかない。
がんばったとめちゃんにぽち↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

幸せに♪

読んでいてウルッときました。
本当に本当に良かったですね!先住さんもいて、キレイなお部屋。
留三郎ちゃん、幸せになってね(^^)

銀ママ

何もしてやれなかったなあって思う。
里親さまのところできっと初めて愛され一緒に暮らすことによって猫ってかわっていく・・。
何もできなかったなあとまた、少し胸が痛いのです。
Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ