スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミル君の最期

みる君はある日突如とあらわれ、そのまま居ついてしまった猫さん。
ある日を境に急に姿を現さなくなってしまった。
どこかでひっかかってないか?側溝をみたり、庭をみたり、近所の畑や空き地を探した。
fc2blog_20140927120017e39.jpg

見つからない彼の安否を心配しながらも、彼のよくいた場所を確認することもなくなっていった。
悲しいけれど、少しずつ彼のことを忘れはじめていた。
fc2blog_201308270659507c7.jpg

連休の前日、庭でミル君が倒れているのを発見した。
もう随分痩せてしまって、でもまちがいなくあのかわいいミル君で。
でももう息はなく、変わり果てた姿に、なんでなんでって。

彼の最期はどんなんだったのだろうか?
どこからか、たどり着いたこの場所に、最期またもどってきてくれたのだとしたら。
気が付いてやれなかったこと、見つけてやれなかったことが、悔やまれて・・。
どうしていつものあのリビングの前の場所じゃなかったの?すぐに病院へ連れていけたのに。
そしたら、助けることができたかもしれないのに・・・。

fc2blog_2014010222063357a.jpg

連休の前日、霊園にて弔いをし、彼はやっと安心して眠ることができる場所へ旅立っていった。
頼りないお世話人でごめんね。気が付いてやれずごめんね。
ミル君、この世は、いいこともあった?
享年2~3歳 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ


コメント

No title

ミル君
お世話になった人にお礼を言いにきたんでしょうね。

ありがとう  って。


はなわんこさま

不器用な彼は、人目を避けた場所にいて。
ちゃんと触れたのは彼が亡くなってからでした。

会いに来てくれたのなら、それはやっぱり、語弊があるかもしれないが、ウレシイ。

けれども、申し訳ないのが先にきてしまう。

そして、それはとても切ない







ミル君、ちゃんと自分の居場所に帰ってきたんですね。
ミル君もとらママさんも会いたいって気持ちは同じだったんでしょう。
少し寂しい再会ですけど、会えて良かったです。

No title

ミル君、
最後の力を振り絞って、
ちょこままさんに会いに来たんだと思います。
ミル君がちょこままさんに愛されていたと自覚していた証です。
短かったけど幸せだったと思います。

No title

ミルくん、本当に可愛いコでしたね。
今までどこでどうしていたのか解らないけど、
最後は、優しくしてくれた人の所へ戻ってきたんだと思います。
ミルくん、天国で安らかにね。。。

りんさま

ちょうどりんちゃんがミル君の話をした矢先でなんかとても不思議でした。

会いたかったと思ってもらえたのなら、許された気がする

ロシアンブルー8さま

コメントありがとう。ミル君触ろうとすると高速猫ぱんちがとんできて可笑しかった。
どんだけ寝てても、ガラス戸を開ける音ですぐ飛び起きて警戒したし。
心許してないんだなあって思っていました。

最後に思いだしたのは、この場所だったのか私だったのかは定かではないのですが、外猫さんの安心できる場所はそうそうないのではないかもしれません。

銀ままさま

>> ミルくん、本当に可愛いコでしたね。
うんかわいかった。
なんだろう、憎めなくて、気が付いたら出した餌を食べているのが、ちがう猫さんでびっくりしたり、その後
近所で歩いているところ会ったりすると、びっくりしてやばいって感じで逃げていったり・・・おいおい後で来るせにって。

まだ若くてきれいな歯をしていて・・・。外の猫さんは改めていろんなものやことと戦ってるんだと感じます
Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。