スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクを冒し続けて

「そういえば、もう2年位産んでないよ」という彼女。
特定のお世話人がいなかった。彼女は定点に現れるが、他の猫に追いやられなかなか餌にありつけない。
彼女もまた悲しい位細く、美しい瞳が悲しそうに見えた。

産んでないよって本当にメスです?。(オスじゃね?)
もしかしたら飼い猫だったため手術済?か・・・。
お世話人がみつからず捕獲を断念しようか?2年産んでないというならばほっといても?
いや人知れず産んでいるのかも・・。

ええい。頭であれこれ考えるより、捕獲を実行することに決めた。
手術済であれば毛を剃った場合わかる可能性も高いな。
捕獲して怖がりの彼女に初めて触れることができた。抵抗しない。。
妊娠していないしこの時期産んだ形跡もなく手術済の可能性は高い。

すでに2年は野良生活を強いられている彼女。お世話人がいないのでリリースしにくい。
でも幼猫でもない彼女を人なれして里親にだすことができるのだろうか?
里親さんが決まらねば自分の家の猫がまた増えてしまうハイリスク。
もう何年もそのリスクを冒し続けじわじわと猫が増えている。

でも彼女に手が届いたその日、手術したらリリースしないって決めた。
それがハイリスクだとしても。


片耳が怪我の後遺症でまがってしまった子猫さん。
君の未来に光がさしこみますように・・・。
IMG_2625[1]
かわいいおっとり気味の彼の里親様を募集してます。


ぽちっとしてくれたら嬉しいな
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ





コメント

Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。