スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協力できないと言われて

あのさその時は何にも思わないんだけど、後からずしっとくる言葉ってあるわね。
その場では気が付かないっつうか、。。要するにあほだわね。

先日の案件、何度行っても猫がいないし本当に昼間に餌やってんの?

Cちゃん曰く、餌やりさんは高齢らしく障害があるらしいし。
妊娠猫はすでにどこかで出産したらしくお腹はぺっちゃんこだと
手術の予約とってあるからその日までに緊急性のある猫を教えてほしいの。
「もう餌やりやめた調子わるくて、猫たちとはかかわりたくないから」
というへんじ。

がーん。餌やってないって・・。じゃあその猫たちどうなってしまうの?
こちらで出すから(手術費用も搬送もケアも)と伝えあって彼女の負担は少ないはずだったのに。

今度行けるとき連絡くれるってことらしい。
そういうのって断る口実なんだけどな。

猫たちが飢えてないかきになって現場へいくが、かろうじて2匹に会う。この2匹?
あきらかに状態がよくない2匹はやせすぎている。授乳中の猫がどれなの?
それは捕まえられないし・・・。
ただ飲み込むような餌の食べ方はしない。餌もらっていると感じた。

近所の方にきいても、その方しか餌やりは知らないという。
うちにも白い猫が追い払ってもくるという。
だが協力は悪いけどできないわと言われる。

何も頼んでもいないんだけど、振られた感あるし、何よその先手必勝。。

手術してもその後ちゃんと餌やりして管理してくれなければ結局また自分が背負い込むことになりかねない。

それがいやなんだって!!ちゃんと餌やりしてほしいんだって。
なんでそんな中途半端なんだ!!むかつくわ。しかもあきらかに餌足りてないじゃんか!!

痩せぎす雌だけど妊娠してない

こっちのにゃんはオスやせてる疥癬、耳ダニか外耳炎っぽい


餌をやらないかかわらないって・・・,
全体像がつかめてこない。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

コメント

Secret

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。