茶トラと黒猫美人兄妹~

かわいいです。。名前をよぶだけでごろごろごろごろ

お呼びでちゅか? ごろごろいいすぎ~


すっごく懐こい2匹さん  母猫さんは綺麗なさびねこさんでした
住宅地、 充分な餌をもらえず、それでも母猫さん一生懸命育てていました。
彼女は手術してお世話人を探しお願いしてりりース 。
子猫たちには幸せになってもらわねば!キャパオーバーですが保護致しました。

2匹一緒にどうでしょうか?もう少しで2か月です ドライぱくぱく トイレ失敗しません~いい子です、、

※  茶トラ君はでべそがあります。手術は去勢手術の際でべその手術はこちらでやらせていただきます。

ばしっ➡➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

明日晴れるかな?

明日譲渡会です~雨でも来てね~。。
6/26 jpeg 拡散 いつ里用

ばしっ➡➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

6/26 は梅雨でも来てね!!

工場の中に入って困るという現場。母猫が必死に育てた子猫たち。
生きていくには辛かろうその場所から保護しました。
兄妹寄り添い切磋琢磨で母猫のミルクを飲み育った彼らはとても健やかです。
最初は少しシャイボーイですけど馴れたらごろごろ。猫が好きかな
レア君お見合い決定しました~


黒猫おこげちゃんはモデル体型 スレンダー美人 黒猫は一番懐こいという都市伝説を証明。


兄妹でどうでしょうか?


かれらも猫譲渡会に参加予定~


ここ➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

ナイスキジ白兄妹 家族募集

雨がすごくて、お外はたいへんだったろう。。

TNRの現場で保護されました。風邪 下痢 目ぐちゃぐちゃ。。。
治るのか心配されましたがきれいになりました。めっちゃかわいい~
IMG_2479.jpg

家族募集しております ♂2  ♀2  いいバランスなんですけど~。。(^^♪
キジ白たち トライアル決定しました~

IMG_2502.jpg

IMG_2489.jpg

IMG_2486.jpg

素敵穏やかキジ白兄妹  絶賛家族様募集してます~
6/26  ➡★譲渡会参加予定


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

うるるとさらら...ありがとう

明日うるるとさららは、我が家から10分の場所へお嫁入りです。

生まれてから1か月 大好きで偉大であったママ猫から離されて捨てられどれだけ不安だったかわかりません。

お腹もすいて、知らない危険な場所で怖くて悲しくてまだほんの1カ月の赤ちゃんの恐怖はどれだけのものであったかを考えると胸が張り裂けそうです。1日真っ暗な夜を身を寄せ合って2匹の体温でなんとか、温め合って過ごしました。



不安でママ~ママ~と大声で叫び声がかすれたころ、知らない人間に捕まり、動物管理センターや、警察をめぐり我が家へ。

彼女らは恐怖でがくがくと震え、シャーシャーといいながら固まっていました。

身体は脱水しており、低血糖も。ミルクもうまく飲めず、食べたことがない離乳食に戸惑い下痢をしました。



最初は又初めての環境に戸惑い隠れてしまうかもしれません。それでもその日は無理に遊んだり抱っこしないで、静かにみまもってください。そのうち、うるるが先にやってきて、おくれてさららがやってきます。

むこうからくるまで待ってやってください。


どうかこの屈託のない可愛らしい2匹を引き離さずどんなことがあっても最期までみてやってください。

明日から この子たちにはもうあなたしかいません。

もう2度とお外で彷徨い怖い思いをしないよう、色々なお願いもどうかよろしくお願いします。

うるる、さららとの日々はとてもとても幸せであっという間の愛しい日々でした。

ありがとう、うるるとさらら、どうか幸せにね

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

風邪っぴき

病院にて頻繁に出される抗生剤にもきをつけなければならないことがあります
以下お薬の説明でのっております

抗生物質は腸(善玉菌も殺す)を荒らし、胃も荒らし(胃痛)やすいので抗生物質だけを投薬すれば、
下痢や嘔吐を引き起こす可能性が高いのです。
その病気が治っても胃や腸が傷つき、胃腸が弱い子になってしまうケースもあります。
長期投与の場合には、肝臓や腎臓の機能低下ともなります。

抗生物質はウイルス=風邪など には効果はなく細菌しか死滅させられません。
そして副作用があると言う事を念頭において、上手に使ってください。


ソックス  も 黒  2か月  オス

控えめですけど、ゴロゴロです。

家族になってにゃ

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

仔猫のおなか

6/12  譲渡会です~詳細はここ→


その後の仔猫さん  ミルクと並行してウエット(ロイヤルカナン ペースト)
2回うんち検査陰性 ですがやっぱり軟便かな~
ドライをたべるようになったらいいうんち ああよかったと思いきや
ごはんもんぷちの仔猫用に変えた途端、消火不良 体重減少(T_T)ごめんよ~
現在ロイヤルカナン  ベビーケア  ドライ  のみ
で胃腸薬1日1回でなおりました。少し飲ませます。。



体重に差少しでてきた。

でも元気いっぱい。。かわいすぎる  2匹で嫁がせたい~
1か月半~キジトラ  メス姉妹
➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

すっごく生きてる!

すぐに駆け付けたい気持ちでいたのに4時からという時間待つという律儀な性格。あ~こういう所、自分のこういう所が結構嫌い~。

病院についた途端、入口のドア、先生にばったりでくわした。先生、私を見るなり暗い顔になったように見える。

あっやっぱり駄目?なの・・・あっあの・・?いい?・・ん?その・・・
みのもんたの、「ファイナルアンサー?」という間である。

すると先生は、にこって笑って「生きてるよ!!ステロイド2本と止血剤2本ぶちこんどいた」

「えっえっー、うそ!!なんで?生きてるの?止血しないのに生きれるの?すごい!!なんで、大丈夫なの!?」

「わかんない、でも避妊手術は1年くらい先だな」

「えっ!!てことは1年生きられるの?」

「わかんない、とりあえずこのまま少し入院。




先日のように静脈点滴つながれたまま、シロコさんはちょっと意識が戻っていた。
出血はたぶんほんの少しずつしかでていなかったので、止血剤で助かるかもという判断だったよう。言ってよ~先に言ってよ~♪───O(≧∇≦)O────♪

「しろこよくがんばったね。」感無量。なぜようとしたら、しろこさんは、しゃーといった。((((;゚Д゚)))))))エエ

そんな波を乗り越えて、元気にめでたく退院して、まだまだいっぱいいろんなことがありそうですけど

しろこさん、淡々と生きています。

舐めすぎ禿げ,お腹から流血、カラーされる

しろこさんとの時間はもしかしたら短いのかもしれないけど。.
残りの君の猫生は幸せになりますように、お世話人がんばりますよ。

クレアチン 2.4 あっあー・・

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

深く沈む

その後末期のはずの腎不全のしろこさんです。
皮下点滴、諦めきれず通い、結果、どんどんBUN(尿毒症)の数値がよくなっていきました。

ごはんも何度も何度も食べたがります。

何度も食べたがる割には、少しだけ食べます。
それでも嬉しかった。この猫自分からごはん食べることを知らないんじゃないかっておもったから。

クレアチンも1.5まで下がってきました。

結果、飢餓状態が長く続き体調不良からくる、急性腎不全が疑われた。

生きられるな、もうよくなっていくばっかりだ。嬉し。
そんなとき、お腹がぷっくりしてきました。妊娠かと心配になりました。
先生はおなかに水がたまっていないかと検査、水ではなく、懸念の妊娠もわからず。
それでもここまで数値がよければ点滴しながら避妊ができるという判断でした。

子供がもし、宿っているのであればどちらにしろ危険で、ならば早い方がいい、そう思いました。

手術の日なにも連絡がなく少し安堵していたころ、携帯が鳴ります。

「シロコちゃん、おなか明けたらかなり出血している!!どこから出血しているかわからず、このままでは死んでしまうので避妊はできない」

「先生じゃあどうしたらいいの?」

「出血の場所もさがしているうちに危ないという。このまま閉じる」という。

「わかった、先生が一番いいと判断したならそうして」

お腹の中で出血、あんなに元気そうになったのに・・。
出血させたまんま閉じる。それはを連想させた。

絶望的な気持ちになった。
涙がこみあげて、まだ生きられたはずなのにと、深く深く沈んでいく自分がいた。

続く
➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

週末お時間ありますか?

ああ~だるおも~。。気候のせいかしら~??

ですが週末は元気になりますよ。譲渡会お時間ありましたらいらしてください~。

譲渡には条件があります
➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

猫が好きな仔猫さん

遺棄され一晩外にいたの。

母から始めて離され、母乳のみしか知らなかったから最初は哺乳瓶の乳首をガシガシかみきってしまう。離乳食も皿が割れる位かじって、食べるの下手。

トイレはそこら辺でやりますし。

だが全て2日で覚えました。


かあいいし、賢い姉妹。

すぐ保護できたこと、月齢が1か月離乳の頃であり、お母さんのおっぱいをしっかり飲んでいたんでしょう。綺麗でした。 
 ママはきっと一生懸命に育てていたんでしょうね。急にいなくなって探しているでしょうね。


二匹でずっと遊んでいます。無邪気ですけど、大人猫の声を聞くと必死にママを探しますね。切ないです。

一緒にいけたら嬉しいです➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

君はボス 

大体からだが大きいからボスってことになっちゃうけど。
公園のボス、人懐こく皆に愛されてます。

そんなボス、昨日まで普通だったのに今日は目も虚ろ
よだれがでて「だめかもしれない」という。
急いでキャリーをもっていくが数分前にいたボスの姿がみえない。
体調が悪くなると外の猫は狙われないように余計警戒心が強くなる傾向に。
餌やりボラ2名と私、代表、道行く誰?的な人まで大の大人5人
ボス~ボス~と呼びながら探す。いない。
あたりは真っ暗になってきて、皆必死。何何?と寄ってくる子供たち。
こんなに皆で大騒ぎ探されてはボスも出づらいわね。夜もう一回見に来ることに・・・いない。

次の日、就寝中、代表早朝電話、なんと早朝より捜索、保護、病院へ。その後はうちで1週間手厚いケア。(自分で言う?)
注射 コンべニア 点滴に。・・・食欲昔のようには食べられなくなったね。悩



長年慣れ親しんだその場所、餌は必ずもらえる。

なによりこんなにもボスを思ってくれる人が多数いてくれる。改めて目頭が熱く。
やっぱり・・・もう少し公園を守ってね。

すでにもうずいぶんなお外で暮らしている猫たちは皆高齢です。
いろいろケアをしながら、情報交換しながら見守っている。


それが多頭すぎる私たちのせいいっぱいの愛情。
健気に生きている彼らになんら罪はなく。
ひたむきに生きている、夏の暑さに耐え冬の寒さに弱りながら。

共生の道を模索し悩みつつ、ここで君たちは堂々と最期まで生き抜いてほしい。
そのままでは生きていけない猫を優先しながらも、君たちを想う。

ここに軸足はおいてあるの。
最期まで・・・そう君たちを最期まで見守っていく。

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

内緒のシャム子さん

いつまでさぼっとんじゃー。。ですが皆さま元気ですかっ!!




魅惑のブルーの目がふさがって膿で毎日目がくっついてて、目薬やろうにも恐がって威嚇してできなくて。
なんとか網で捕獲して病院へ、注射しかなく、歯がゆい思いをしました。
その後きれいな目が開いたときには、ほっとし、触れるようになったら耳の中にかさぶた。
どんな生活だったんだろうか?こんな小さな身体で1匹で現れたぬきのごはんを食べていた。

馴れてきたらかわいくて、本当かわいくて、いつも私の足元に走ってきてくれて、ずーっとごろごろ。
困りますよ、募集をかけるのはやめたくなります。譲渡会決まらないといいななんて思ったりします。

譲渡会で遠くからシャムちゃんをと、まっすぐに会いに来てくれた素敵なお優しいご家族さん。

今、イケメン双子ちゃんにかわいがってもらっていっぱい遊んでもらって、ああやっぱりこっちのほうが幸せね。


もう2度とお外で彷徨うことがないようにね・・幸せにしてやってください。
安心したら未練はなくなりますよ。どうかよろしくお願いします~
寄付もいっぱいありがとうございました!!

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ