5/22 ショッキフェスタに参加!!

楽しいらしいっす。
そんでもって、だれでもきてねって感じらしいっす。
おぶねこのバザー出展日時は、5月22日(日)9:30~15:30豊田自動織機本社グラウンド福祉ふれあいコーナー。

img_1.jpg

でかいぞ画像が~。。

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

緩やかに回復

入院後の彼女はケージからだせだせと大声で鳴き、ごはんを自力でほんの少し食べることができるようになった。
静脈点滴400入れて、コンベニア。
まだまだ強制給餌をしないと、なかなか量は食べれないが、ケージから出たがり、部屋を徘徊。



危機は脱したよう。

BUN150
クレアチン5.3
ほんの少し数値が下がって、楽になったのかもしれない。

よかった、あきらめなくて。

少し元気になった途端、ほぼ鳴いています。

あの~うるさいんですけど。笑
➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

葛藤の日々

ウエットのが好き?ドライは?チュールは?スープは?ミルクは嫌い?
どんな食べ物が好きだったの?どんなことをすると嬉しいの?
調子がわるくなってからの保護はそれ以前のことがわからないのが致命的だ。

獣医曰くいつ死んでもおかしくない状態だという。
長くは生きられない、それでも治療をするか?治療してもこの数値では・・
何もしないで死なせてあげるという選択もあるよ。どうせ外にいたら死んでる。

今が底でしょ?何も治療してなかったんだから、まだ生きられるでしょ?
何も治療せずに諦めることができない、まだ望みを捨てたくない。

皮下点滴を入れ、インターフェロン 腎臓食強制給餌 セミントラという飲み薬、もう一種類の黒い粉の飲み薬
何も食べない彼女、皮下点滴に通うも自力で食べださない。

エゴなんだろうか?覗くたび頭をあげてごろごろいう彼女を見ながら葛藤する。
強制給餌は彼女にとっても、私にとっても辛く、それでもそれをしなければ肝臓もやられてしまう。

ほんの数日で体重が2.4KGから随分減ってしまったように思う。
ただ死を長引かせ無理させているだけなんだろうか?
幸せってなんだろうか?彼女にとって幸せって?誰か教えてほしい。

それでも、誰かに見捨てられた彼女に、私が「生きていいんだよ」って言ってあげたい。

ぐずぐずしていても仕方ない、翌日彼女を入院させ静脈点滴治療をおねがいすることにした。

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

生きていいんだよ

一見、子猫と見間違うほど細い。
にゃーと言った時に見せた口の中の歯はまばら。
飼い主さんみつからないか?と連れてこられた彼女はごはんは食べられず、トイレまで行けず寝床におしっこをやってしまう。
ノミだらけの細い身体はよれよれしていて、それでも一生懸命頭をこすりつける。

子猫でないとわかれば病気猫、水だけは大量に飲む、おしっこ匂いしない。
腎臓病だ。確信に近いものを抱き病院へ。

BUN140
クレアチン6.2
検査結果は思った以上に悪いものだった。
➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

やらない理由

やらない理由はいくらでもみつけられる。
やろうと思っても沢山の邪魔な言葉が投げかけられるかもしれない。
それに、みんないろんな問題をかかえているはずだ。

やろうと思ったけれどやる気がなくなるのは誰が悪いのだろうか?
邪魔する人や事?やめろという人の言葉?

本人は悪くないのかな?
やるのかやらないのか

結局、決めるのは自分だ。

頭でごちゃごちゃ考えてるより、行動だ!!

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

幸せ便り~驚愕の米~

じゅじゅさんですがこのたび正式に嫁いで行きました。
~うそ~ん♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


かわいいですけど、まだ触れる程度ですよ、でもってまだ抱っこしたことないですよ。
でもなんか見つめ合う仲になってくれました。いいの?それでもいいの?いいみたい~。。


いやあよかったよかった。となったすぐに、おしりから米か麦でてますということで、寄生虫怖くな委員会ちょこまま、走りました。
結果サナダムシの卵でました(;д;)。
保護から数か月、お腹ゆるくて、病院で検査して陰性、消化サポート食べてもだめじゃん~で胃腸薬もだめ。ごはん変えたら うんちょすもなおって、やったやった食べ過ぎか!!大丈夫だとおもいましたがここにきてまさかの条虫です。

それだったのか・・・(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー


これ検出されないこと以前もありました。面目ないっ。でもありますね。こーゆーこと、2回目ですけど。。

大丈夫です、滴下で落ちます。
ちょっとアレびっくりしますよね。でも怖くないっ治りますから!!

まあそんなあんなでびっくりしますけども、じゅじゅ幸せそうでした~。。お腹も幸せそう~。。

やったね、じゅじゅ➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

幸せ便り~飛びます編

まきちゃんになりました。名前まちがえてごめんなさい~
安心してお届けその後愛らしいお便りにほっこり
ロックオン
ああこういう写真撮りたかった~一眼レフだ~

maki2.jpg
しかも飛んでます~
すごい~笑 運動神経抜群っす

嬉➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

5/15(日)譲渡会

一生一緒にいてください  譲渡会情報~
この猫が誰か

普通の幸せをください。➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

命だし

猫の特集、テレビでやってました。
かわい~とかやってます。きっと今,猫繁殖業者はチャンスだと思って産ませてると思います。
サブリミナル効果で猫を飼ってみようという人が増え、実際飼ってみるとたいへんだとか、引っ越しだとか、猫あれるぎーだとか
そういった理由で猫を飼えないとなる方結構います。

そういった猫がいわゆる動物愛護センターへ持ち込まれるわけです。
例えばボランティアだったら、大丈夫だ殺処分されない、新しい飼い主さんみつかるだろうって、罪悪感少しで、数か月、数年一緒にいたのに返したいとかってなる。仕方ないとか言って。仕方ないのか?命じゃんか!
おいおいおい!それですから!皆そういって、年間どんだけ持ち込まれてるとか捨てられるとかなんだって。
それでもどうしてもだった場合自分で次の飼い主さんを見つける努力をすべきだ。

返したいってレンタルじゃないから、命だからさ!!終生飼育お約束ってなってるはず。返すんじゃないよ、引き取ってくださいってことだ。ぬいぐるみじゃないから、心があるから。ペットショップは返せないでしょ?

ちゃんと最期までどんなことがあっても命をみる覚悟がいります。
その命に責任もてますか?

約束できないなら、安易に飼わないでください。


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ