子猫の急降

夜の10時に電話が鳴った。
こんな時間、嫌な予感。
子猫が昼間元気だったのに夕方から元気がなくなって今吐いているしぐったりしてるという。

昨日大変そうだから預かるよと言ったが「頑張る大丈夫」と言った彼女に頼もしく感じた。
離乳食食べないからミルクばっかりあげちゃうという・・・。もうドライも食べれる月齢であった。

朝まで様子をみても大丈夫でしょうか?という
病院は、明日は仕事だから午後しか行けないという。
「夜間行こう、迎えに行く」彼女は車の運転ができない。
子猫が何度も吐いて、ぐったりとしている、危ない状況である。

病院へ行ったら低体温36.7度、すぐにレントゲンと先生は言った。
レントゲンの写真をみて肺の位置がおかしい、誤飲肺炎という。
ミルクがまちがって入ったと考えられた。そんな・・・絶句する彼女。

どうしたら助かりますか?
抗生剤しかやることはないという。
低体温で温度管理がたいへんなこともあり、何かあったら先生に対応してもらえるからということで緊急入院となる。
どうか助かって・・。

正直だめかもしれないと思った。

がしかし子猫だって結構生命力強いって。
早い対応が功を奏し、V字回復をみせ本日元気に退院。

保護主の彼女は、先生がもうミルクじゃなくてごはんにしなさいって。離乳食ひとつくれたんですよ。。ってうれしそうに連絡が入った。

ぽち 
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ



関連記事

子猫さんです

育児放棄されてしまった子猫さん。兄弟です
どうしようと3月に相談を受けたんですがまだ生まれたてで。私も仕事があってとても乳飲み子はみれないし・・。
育つかなあって心配していたんですが、ちゃんと、育ててくれてました。よかった。
保護主さんは目の見えない猫さんを4匹抱えて、これ以上飼えなくて困ってます。

lキジ白さんをみると思い出す猫さんが・・・、今はいっぱいいて・・・。

幸せになってほしいです
IMG_4983.jpg

negao.jpg
話をしてるうちに寝ちゃった。

2か月  男の子  ノミダニ検出なし フロントライン済 うんち健康   美形です
募集一旦停止

IMG_4988.jpg

ぽち 
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

ねこ歩きへ

GW  噂の岩合さんの写真展へ
海外のにゃんの写真が多くて、なんだかほんわか猫さんたち。。

悲壮感ただよう猫たちがいないので、一般の人が受け入れやすい感じ



どの国の猫も柄って結構共通・・・。
個人的には’こち’さんのが好きかな。
ぽち 
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

よりちゃんの抜歯

よりちゃんの口内炎は定期的なコンベニアもずっと続けられるわけではない。

金額的にも一回5000-円を一か月2回・・・。

それでもだんだん、なんとなく2週間もたなくなってきたような・・・。

ずっと抗生剤を打ち続けることも無理であり、元気なうちに・・。
などと抜歯の手術を考えていた。 彼から大切なものをまた奪ってしまう・・。
 

歯を抜いたらもう生えてこないし・・・。
 

タマもとられて、歯までも・・・

猫ってドライまるのみするから抜歯しても、そんなの関係ねえって・・Iさんも言ってくれて、大丈夫らしい~と手術にふみきった。。

迎えに行ったよりちゃんは案の定うるさく一晩中鳴いていたらしい。

奥歯ほぼ全部抜いてもらって、すっきりしたよりは、その日にドライをばりばり食べた。
結構術後のケアなどほとんど何もしなくてよかった。
 
入院中、餌やり仲間のCちゃんお見舞いにいってくれた。忙しいのに嬉。

よりちゃんは、Cちゃんを覚えていたらしく甘えた。。なんて賢いの。
 
「公園のにゃんには私にも責任ありますから」といって、手術費用全額払ってあってびっくり。
 
Cちゃん、ありがとう。
ちび 

その後、よりちゃんは、すこぶる元気である。なんだ結構心配することなかった

ぽち
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
関連記事

ミル君の最期

みる君はある日突如とあらわれ、そのまま居ついてしまった猫さん。
ある日を境に急に姿を現さなくなってしまった。
どこかでひっかかってないか?側溝をみたり、庭をみたり、近所の畑や空き地を探した。
fc2blog_20140927120017e39.jpg

見つからない彼の安否を心配しながらも、彼のよくいた場所を確認することもなくなっていった。
悲しいけれど、少しずつ彼のことを忘れはじめていた。
fc2blog_201308270659507c7.jpg

連休の前日、庭でミル君が倒れているのを発見した。
もう随分痩せてしまって、でもまちがいなくあのかわいいミル君で。
でももう息はなく、変わり果てた姿に、なんでなんでって。

彼の最期はどんなんだったのだろうか?
どこからか、たどり着いたこの場所に、最期またもどってきてくれたのだとしたら。
気が付いてやれなかったこと、見つけてやれなかったことが、悔やまれて・・。
どうしていつものあのリビングの前の場所じゃなかったの?すぐに病院へ連れていけたのに。
そしたら、助けることができたかもしれないのに・・・。

fc2blog_2014010222063357a.jpg

連休の前日、霊園にて弔いをし、彼はやっと安心して眠ることができる場所へ旅立っていった。
頼りないお世話人でごめんね。気が付いてやれずごめんね。
ミル君、この世は、いいこともあった?
享年2~3歳 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ


関連記事

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ