悲しい声をみつけて

今日は涼しかった。。
猫たちも何度もごはんを要求するので食欲がでてきたのか、お外の地域猫も何度もまだ足りないあぴーる。
ご飯くれー!
そんでも触れないのだ。。もう1年餌あげてんのになあ・・

今何年かぶりで保護猫がいない生活。家猫たち、皆今までがまんしていたのかすごくひっついてきて(#^^#)シアワセ

今週末愛知県大府市にて猫の譲渡会開催されます。おぶ猫さん主催、一般参加有り。先日の大量遺棄さんの一部参加するそう・・皆落ち着いたいい猫さんたちばかりだそうです。
詳しくは猫の譲渡会IN大府⇔ここをぽち
※里親条件あります

天真爛漫のように見える彼ら(遺棄猫たち)の悲しい声を苦しみを見つけてほしい。

それがきっと希望へと繋がっていく

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
関連記事

もしかしてだけど

溢れる捨て猫に地域猫活動のゴールがみえなくて。
いつまでもずっとずっと捨てられるんだって思ってた公園。
今春から、それをやっぱり恐れていたけど、今年はまだ捨てられていない。

もしかしたら今年。
もしかして、捨てられないかもしれない。
そう思ったらあの看板のおかげなのかな。

細かったの猫さんの避妊手術をして、2.3日家でみてやってと伝えたら、少し負担そうで心配だったけど、今日お世話人偶然遭遇、元気にしていると聞いた。よかった~。。


いろいろあるので少し気持ちが落ち着かない。


夏休みもあと一週間だ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
関連記事

嬉しすぎるご報告

カール君は障害があって。耳がまがっていて爪も変。

1週間預かってもらったところで他からお見合いのお話がきた。
正直そのままって気持ちもすっごくあったけど、お見合いの話をしたら預かりさんが喜んでくれて、内心私は凹だけどそらそうだわな~とあきらめお見合いに挑むことにした。

障害のこととか話をずっとしてそれは厭わないと・・お見合い当日・・待ってたけど彼らは来ませんでした。
約束は儚いものさ、いいのだカール君気にするな。と言い聞かせると彼は、ちぇっイチゴとラブラブだったのによーと悪態ついてました。まあまあとなだめたものです。とらいちの胸で泣くカール君・・と思ったら寝てるし

それからイチゴママからお見合いどうでしたか?って聞いてくれて・・・。まあ私のあれでドタキャン?ちがうな連絡なくてこないからなんだ、こーゆーのなんてんだ・・?と思いつつ、まあだめだったことを告げた。

イチゴちゃんちにはかわいい息子ちゃんがいるし、素敵なタワーがあって、どんだけでもかわいい猫が選べる環境だし、同じような柄だし(兄妹だからね)、もう結構大きくなちゃってよく食べるし、野良経験もほとんどないのに、人のごはんに手を出す不束者だし。ドジですし、寝るときは半目開けてますし。

でもでも・・「うちの子に」っていってくださったのだ。

本当は最初からイチゴちゃんちがいーなーってカール君が言ってました。。
無理だからと言い聞かせてました。でも夢はかなうんだとカール君はめっさ喜んでます。
私も本当に嬉しくて、なんだかウルウルして感動しています。

カール君改めトマト君、いちごちゃんと仲良くするんだぞ~!!

ありがとう感謝しかない。応援してくださった皆様ありがとう・・。

かわいい首輪とタワーで満足して寝てます~。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
関連記事

遺棄猫たちの声を聞いて

愛知県名古屋市 大高緑地公園にて大量(現在までに17匹)の成猫の遺棄がありました。
現在警察とボランティアで犯人を捜しております。
詳しくはおおぶ地域ねこの会のブログへ⇒
彼らは皆穏やかで懐こいらしく、それだけにやりきれない。

遺棄猫は不妊手術を怠った為生まれた命である。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
関連記事

そういうふうにできている

子供が猫を拾ってきてしまったの。でも市営住宅ペット不可。すぐにでも手放さなければなりません。保護してくれませんか?とてもお世話になっている方が友人に頼まれたと話をもってくる。
こういっただれかの知り合いとか、知り合いの知り合いとか結局他人?から持ち込まれる話って多い。

それはもしかしたら大変ですね。仔猫です?
「子猫じゃなくって手術(不妊)してるそうよ」

子供って聞くとどうしても小さな小学生位のいたいけな子供を想像する。
だがそんないたいけな子供がすでに手術するような猫を抱えて拾う?だろうか??。
どこの市営住宅の誰でしょうか?

「○○住宅の○○さん」・・・げげっ知っている。猫を飼っていることも知ってる。

たまたま、その人の猫、市営住宅だからという理由で預かった人も知っていた。(ちっさい町だからね)
何度もそうやって市営住宅だからという理由で他人に猫を押し付けようとしているんだと感じた。(言い方悪いけど)里親探し手伝いますよ。。それには興味がないようだった。

どこのボラもあふれる保護猫が停滞する8月、踏ん張り時だ。
そんなときでも秋に生れようとする子猫を阻止せねば、出てきたらまた多大な労力、資金そしてリスクを伴う。
元々弱い猫や病気持ち、シニアが残ってるボラ、自分ちの猫の面倒だけでもたいへんなのである。

誰かに押し付けることで猫を助けたと思ったらおおまちがいだということ。
頑張ってる人に人は共感し周りは手を貸したいと思えるのではないか?そして結果は💮ということが多い。
やれないできないという丸投げの人に、哀しいかな、人は離れていってしまう。

だいたい、そういうふうにできているんだなあ。

大体そうじゃな
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

関連記事

願い

捕獲とか、相談案件で走り回って、地域猫の餌やりにと怒涛にくれていたとき。

家でお登勢がげーげー吐いてしまって風邪。それで引きこもって出てこず、そこへ手を出すとめっちゃ怒るし逃げ回る。そっとしておこう。というほったらかしの状態。
クーラー29度設定でも体調悪いかなあと思ってたら、案の定カレンが食欲がない。
まただ・・。早目にとお薬飲ませてもはいてしまう・・・。
多頭のとき、すぐに弱い猫へと次から次へと感染してしまうのが辛い。
箪笥の上から下へ吐いたのでえらいこっちゃだ。Σ(゚д゚lll)

カレンはそれでも少しまだ食べているから、A・D缶なら食べて、これ食べなくなったらまた病院へ行こうと。
カレンのじゃ~と言っても、いいもんありますな~ととらいちが狙う。仔猫もわくわくしてよってくるしA・D缶を狙う不届者め容赦ない国盗り物語。。
(; ̄ェ ̄)
今日はカレンも大体元気になって安心した。お登勢も。今回は皆自力で治ってくれた様子。
ちょっと自己嫌悪。_| ̄|○

問題はいつもいっぱいあって、それでもなるようにしかならなくて、無力さを痛感するばかり。できることなんかほんの少しだ。ほぼできないといってもいいくらい。

関わってしまった猫をそして人も幸せになってほしい。

それだけなんだけどな。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
関連記事

何度でも

東浦にあるとある自営業 
「おーい生まれたぞ、子猫もってけ~」とそこの主人やら店の常連が私にいう。
毎年それを断り続けた。手術が先です。手術してくれなきゃ保護は無理と。アンチ手術派
彼らはおじさんパワーで毎年子猫の里親をなんとかみつけてきた。。

今年の春、もう限界だという情報が常連さんより入った。
でも手術代なんてだせるか~俺んちのネコじゃないのにと常連さん。(なんで常連さんが・・?)
主人の家にも飼わないはずの子猫が2匹

吸われた跡。もうあまりでていない


彼女のお世話は約束してくれた。
お約束の耳カットはなし・・。妥協した。
痩せていて・・5月20日に出産した彼女、授乳中。

予想に反してすでにもう次の妊娠していた。ほっといたら又・・。
こんなちっさな身体で何度も何度も・・。

手術後常連さんから私の携帯に連絡があった。
「ありがとう」と。

子猫の保護依頼断り続けたことは無駄じゃなかったと思う。
手術の必要さを、ここの常連さんはじめ、誰もが痛切に感じていたはず。

妊娠出産を繰り返した彼女を目の当たりにしてきたのだから

事務所にてよれよれしながらも安心して水を飲む彼女 

儚げなな彼女の未来が幸せなことばかりおきますように・・・。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
関連記事

お世話人たち

手術前に餌やりさんがまたぶっ倒れている。
「いいよ・・大事にして」
体調が悪いのだ。一目見たときからわかっていた。すでに彼女は猫たちの餌やりを毎日はできないこと。
彼女が呼ぶと猫たちは甘い声で返事をしどこからともなくやってくるが、それとは対照に私がいくらよんでもでてくることはない。勘違いででてくることはあっても、わたしをみるとコブラのようなシャーをして餌には見向きもしない。

捕獲器に粘ってもはいる気配もない。
またまた3度目の見送り。。

餌やりが他にも絶対いると当初からおもっていた。
彼女たちのでてきた場所からほど近く安心していられる場所。。
エサ入れが二つかわいらしく並んでいる。リビングのカーテンから洩れる光に子猫と母猫のシルエット
あった彼らが安心していられる場所。
ここだったんだ。なんでわかんなかったのだ?
かれらのメインのお世話人は違う場所のご夫婦だった。
しょっちゅうバックれる餌やりをあてにはできない。
強かな彼女の餌場はちゃんとここにあったんだ。たいしたもんだ。
IMG_2844.jpg

「メインお世話人みつけました。そこと話あってもらえませんか?」
自分しかいないと思っていた彼女は絶句したが安心もしたと思う。


ああやっぱりな・・なんで手術前日しかも夜になってからわかるの・・。
もっと前なら・・・

なんだか早く帰ってうちのネコを抱きしめたくなった。

日々・・消耗していく。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ






関連記事

朝ごはん 

8月だ。夏休みとは朝ごはん 昼ごはん 夜ごはん  である。

ああ朝食べたばっかなのに掃除洗濯してもう昼ご飯のこと考えなくてはならない。

暑いので買い物に行くことは照り付ける太陽、皮膚にダメージを与えることは否めない・・やめだ。

キッチンに何かないかと立つと、ごはん?かと思って猫たちが足元や目の前にやってくる。

かわいくてついついえさをやってしまう。このままでは夏痩せどころか夏太りのとらいち。いつ痩せるんだ!

だからキッチンにたつのはなるべく避けたい。とらいちのためにも。

我が家のごはんって私が作るってそもそもだれが決めたの?

と落第主婦は思うのであった。。

自由すぎる地域猫、自然を満喫・・君は一年中夏休みなのか・・・

ぐだぐだいってないでやんなさい。。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
関連記事

雑多

子猫がいる  みいちゃんが子猫をつれてきた

みいちゃんとは先回もそのまた先回も手術前に姿をくらましてしまう察しのいいめす猫さん。

まだ手術ができてなく子猫も4匹中2匹のみ保護できたものの後の2匹はすっかり姿を見せなくなってしまったと。

「もう子猫すごく大きくなってトラかと思ったくらい大きいわよ」トラはすでに手術済のオス
「そんな大きくなってるわけないよ」ははははは ヤメテ(; ̄ェ ̄)

かわいいきじ虎が2匹闇夜に紛れてよくわからないけど・・・。トラのよこにきた。
でかいと聞いていたが、ちょちょっと本当にでかい!!「ぎぇ!!ちょっとどういうこと!でかすぎる!」
((((;゚Д゚)))))))

「それみーちゃん」ぷぷと餌やりさん・・。

先入観とは恐ろしいわね。
その後ろはまだ1KGぐらいだろうかかわいい仔猫たちが楽しそうに。
おおやっとるな。母ちゃんの野良教育がうまくいってるようだねー。用心深い。_| ̄|○どーすんだ

お世話してくださる人がちゃんといるのなら適齢の不妊手術でもいい。
どうもほかにも餌やりがいるな。すでに餌を食べたい時期だ。

みーちゃん妊娠してるかもしれないから、手術するからね。
「もし妊娠してたらどうするの?」
「堕胎する」途端に餌やりさんの顔がどんより。

いいんだよ。面倒みれるっていうならさー。春には親子で産むわね。

性格が悪くなってきました。
多分今最高に疲れてるからね。
みーちゃんの手術はいれたものの、子猫が又見当たらなくなった。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
関連記事

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ