スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

有難う とは有ることが難しいと書く。
たとえば誰かが自分のことを想って何か声をかけてくれることは、なんと嬉しいことだろうか?と思う。
人は本来、自分の欲望のために行動することが自然で、誰かのために行動するということは不自然である。
とはいっても、人として、おはよう、さようならという挨拶、子供のころから言うように躾されていて当たり前になっている。
当たり前だと思うから何とも思えなくなっていくのではないかと思う。
本来人のために何かをするということは難しいことである。
誰かが自分に声をかけてくれる 笑いかけてくれるということはなんと嬉しいことなのであろうか
ましてやだれかと一緒に何かをやるとか、何かをしてもらうなどということは、なんと有ることが難しいことかと思う。
当たり前が当たり前だとおもわずに、生きていきたい。
日々感謝してます。私に声をかけてくれてありがとう。
知り合ってくれてありがとう。助けてくれてありがとう。頼ってくれてありがとう。励ましてくれてありがとう。
一緒に喜んでくれてありがとう。メールくれてありがとう。
ここにきてくれてありがとう
心からそう思う。

まるちゃんです。
彼女はまだ家族の愛を知らない
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
スポンサーサイト

冬は諭吉が必要だ

先月と今月は猫たちの病院通いが半端ない。💦
よく考えたら我が家の猫たちも皆シニアに
フードだけはいいものをとおもっているのだが、ついつい食べないので、シーバ、懐石などあげてしまう。
それがいけないのかな?風邪なのかおしっこつまる猫。
膀胱炎はコンベニアをうってもらうがすぐには効かない。
3日くらいたってようやくなおってきたのかな?というかんじ
多頭なのでよくないと言われるが、決して増やしたくて増やしたわけではないのだが・・・。
夜中、座布団でおしっこするのだれだろう・・・?➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

問題ガール~他とは違う猫~

彼女を預かってから2週間、色々頑張ったり、頑張ることに疲れたり、もう頑張ることはよくないと思い始めた。

果たして頑張ることは彼女にとっていいことなのか?と。

そもそも猫砂とは人間が勝手に名前をつけただけである。
彼女は自由でいたいのだ。トイレという小さな小さなところでちんまり用を足すなどもってのほか。

彼女にとってはありがたきその下からでるおしっこは皆に分け与えねばならないという使命感をもっていろいろなばしょに放尿されているのかもしれず、それならばもう止めることはできない。広大な敷地、暖かい藁などを敷き、どこにでもしてくだされという環境を作ってやることが一番いいのかもしれない。

がしかしそういった広大な敷地どころか猫の額ほどの場所に無理やりに家を建てたにすぎぬ我が家。
彼女は不満だろう。。申し訳ない。やってくださいどこにでも。Σ(゚д゚lll)アカンヤロ

そんな気持ちになった頃、リリースのはずなのに溶けない糸で縫われている彼女を抜糸のために病院へ。

抜糸の糸を先生に切ってもらっているときじわ~とおしっこがでてしまった
「ああっ!!先生ごめんなさい!!おしっこでちゃった!!」焦る私に
あら~この猫、膀胱麻痺があるね、ああ事故にあって断尾したんだよ」
冷静な先生はおしっこを絞ると黄色いおしっこがいっぱいでた、・。こんなにあったん?そうだったん?
ごめんね、わかってやれずで、彼女のせいじゃなかったんだね。事故のせいだったんだね。

「先生ありがとー原因がわかった!!」と喜ぶ私を尻目に。
「またどうすんの?保護した人に言ってやんな」と冷静な先生は心配してくれる。
この時私は絞ったらケージじゃなくフリーにしてあげれるとなんだか光が見えたのだが・・・。

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

最強の問題ガールがやってきた

とにかくトイレへのこだわりがないようである。
寝床、床 フード入れ 壁  どこにでもおしっこをしてしまう
大のほうはちゃんとトイレにするのになぜかおしっこはトイレ以外ならどこでもやらかしてしまう。
そのせいで家中が、マーキングのようなおしっこの臭いにおい。。

まじか・・・?なんでやねん・・・?
かわいらしい顔立ち、虐待をうけたようで下半身の毛がそられしっぽがなく

リハビリが必要なのよ、こわい思いをしたんだからという友人。
トイレトレーニングをガンバレという最初の保護主・・・。。いやあなた言うのは簡単だけどさ・・・。

それでももしかしたらと、おからや紙、シートをトイレにしいたり、ケージを広くしたり、3段のを買ってきたりした。
いろんなことをしても何も変わらない。
「ねえねえ、おトイレでやってね!!お願い!!」もう頼むしかない!!と懇願してみたり・・。
それでもケージからするりと抜け出してはあっちこっちにやらかす君。うぐぐっ

もしや、マーキングが酷すぎてしっぽ切られた?んじゃないかしら・・・。
となるとこの猫さん、おしっこトイレでするという概念がないんじゃないか?
なんだか暗澹なる気持ちになって胃痛・・痩せるかもだわ。

頻尿にはまちがいなく、膀胱炎かもということで抗生剤を飲ませることに。
なんとなくおしっこの頻度は減ったものの、相変わらずおしっこは自由・・。
どうすりゃいいの。。この時点で胃痛から胃炎。。

家族はおしっこの匂いに激怒し、またとんだ猫を押し付けられたもんだなとあきれられる。
ごめんなさい!!もう猫は絶対に増やしません」すでに両手では数えられない数になってもうた。
そのフレーズ前にも聞いたから、紙に書いて玄関のドアに貼っとけ!!」と叱られる。

なおるやつでしょ?ねえなんか気に入らないのよね?
私猫砂でやらないタイプです・・・ってか・・・おいおいおい


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

希望を探しに

先日保護した猫さん。
疥癬ではなく猫エイズでした。
高熱が続き、よだれがとまらず、体中べたべたになってしまいます。
ステロイドを打っていただいたら、みるみるよくなり、シャンプーもできました。
それでも6日しかもたず、皮膚病の上に、またよだれで汚れてしまいます。

インターフェロンを1日おきにうち、陰転をめざしていますが。
副作用で投与後発熱します。なにがいいのだろうか。戦っているのだろうか?
それでもこのまま今できる治療としてインターフェロンをしばらく続けることにしました。
ステロイドは免疫力がおちてしまうらしいからです。

よだれを1日に何度も拭くのですが、ごろごろごろといい
毛がないお腹をみせてくれてごろんとします。

彼女のように苦しみながらお外暮らしている子はきっと沢山いて。
それは、とても野良は自由でいいねなんていう暮らしではなく。

私たちが強いてしまった彼らに選択肢を持てない中の自由。

知りたくない現実は、彼らに重くのしかかっている。

苦しみや悲しみから彼女を遠ざけたいと、お世話させてもらっている。

彼女の辛さを思えば、お世話が大変だなんてとても言えない。



➡➡➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。