スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君はボス 

大体からだが大きいからボスってことになっちゃうけど。
公園のボス、人懐こく皆に愛されてます。

そんなボス、昨日まで普通だったのに今日は目も虚ろ
よだれがでて「だめかもしれない」という。
急いでキャリーをもっていくが数分前にいたボスの姿がみえない。
体調が悪くなると外の猫は狙われないように余計警戒心が強くなる傾向に。
餌やりボラ2名と私、代表、道行く誰?的な人まで大の大人5人
ボス~ボス~と呼びながら探す。いない。
あたりは真っ暗になってきて、皆必死。何何?と寄ってくる子供たち。
こんなに皆で大騒ぎ探されてはボスも出づらいわね。夜もう一回見に来ることに・・・いない。

次の日、就寝中、代表早朝電話、なんと早朝より捜索、保護、病院へ。その後はうちで1週間手厚いケア。(自分で言う?)
注射 コンべニア 点滴に。・・・食欲昔のようには食べられなくなったね。悩



長年慣れ親しんだその場所、餌は必ずもらえる。

なによりこんなにもボスを思ってくれる人が多数いてくれる。改めて目頭が熱く。
やっぱり・・・もう少し公園を守ってね。

すでにもうずいぶんなお外で暮らしている猫たちは皆高齢です。
いろいろケアをしながら、情報交換しながら見守っている。


それが多頭すぎる私たちのせいいっぱいの愛情。
健気に生きている彼らになんら罪はなく。
ひたむきに生きている、夏の暑さに耐え冬の寒さに弱りながら。

共生の道を模索し悩みつつ、ここで君たちは堂々と最期まで生き抜いてほしい。
そのままでは生きていけない猫を優先しながらも、君たちを想う。

ここに軸足はおいてあるの。
最期まで・・・そう君たちを最期まで見守っていく。

➡➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
スポンサーサイト

責任があるから自由なのだ

連日無責任な餌やりにまいってきた。
片づけることによってもしかしたら、食べたと誤解してまた置き餌をしているのかもしれない
少し片づけないでこのままにしてみようか?

以前入っていた公園では一緒に餌やりしてくれないか?と餌をやっている人に声をかけたが、皆そんな責任を負いたくないという理由で断られた。置き餌が頻繁で片づけることも多くあった。

責任を持つということは自分の行為を肯定することである。
そのことにより、餌やりは断然やりやすくなる。

無責任に、隠れてのまき餌、直接餌を置き逃げる行為は、肯定できるはずはない。
もっと言えば、自分の行為を否定する事であり、自分自身をも否定する行為である。
よって、人目を気にしながら、びくびくしながらの餌やりは、全く自由とは思えない。

責任を持つということは、自由である。
無責任は不自由だ。

そんな風に思うのである。➡にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ミル君の最期

みる君はある日突如とあらわれ、そのまま居ついてしまった猫さん。
ある日を境に急に姿を現さなくなってしまった。
どこかでひっかかってないか?側溝をみたり、庭をみたり、近所の畑や空き地を探した。
fc2blog_20140927120017e39.jpg

見つからない彼の安否を心配しながらも、彼のよくいた場所を確認することもなくなっていった。
悲しいけれど、少しずつ彼のことを忘れはじめていた。
fc2blog_201308270659507c7.jpg

連休の前日、庭でミル君が倒れているのを発見した。
もう随分痩せてしまって、でもまちがいなくあのかわいいミル君で。
でももう息はなく、変わり果てた姿に、なんでなんでって。

彼の最期はどんなんだったのだろうか?
どこからか、たどり着いたこの場所に、最期またもどってきてくれたのだとしたら。
気が付いてやれなかったこと、見つけてやれなかったことが、悔やまれて・・。
どうしていつものあのリビングの前の場所じゃなかったの?すぐに病院へ連れていけたのに。
そしたら、助けることができたかもしれないのに・・・。

fc2blog_2014010222063357a.jpg

連休の前日、霊園にて弔いをし、彼はやっと安心して眠ることができる場所へ旅立っていった。
頼りないお世話人でごめんね。気が付いてやれずごめんね。
ミル君、この世は、いいこともあった?
享年2~3歳 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ


机上の空論

ごはん時ちょいちょい手を出すカレンはキッチンを荒らす番長でもある。
IMG_4747[1]


京都で餌やるなという条例を制定しようとしている。
たとえその内容が迷惑な餌やり限定だとしても、はたからみれば皆同じ。餌やりは餌やりにしか見えないし。

猫にはなんら罪はなく、そこに身をおかねばならなくした人がわるいのである。
有効であるといえるのは現在地域猫活動しかなく、結果は如実にでているのに。
その条例は地域猫活動の足かせになる。


パブリックコメント
締切1月14日
「京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」の
制定に係る意見募集について
https://sc.city.kyoto.lg.jp/multiform/multiform.php?form_id=1572
ぽち↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

終わった

結局、すごい寒波がやってきて、残っていた、ちびも我が家にやってきました~。。
まだ納得してないっすよ

もうこんな寒い日にシェルターにカイロがあったとしても寒すぎて。
保護したちびは暗闇ではわからなかったけど結構色々禿げてたりぼろぼろ。ゆっくりケアしていこうと思う。
今は、まだ納得していないようで、2匹でガン鳴きの日々、ああうるさーい。
寝不足の日々、明日は仕事だというのにこの疲労感はいったい・・・。

昨日ハウスや水いれを撤去し、掃除をし地域猫活動に終止符をうった。
市には、今後は行政主導で公園を管理していってほしいと伝えた。
Iさんがいてくれたから、Cちゃんが臨月までがんばってくれたから
私もがんばってこれた。
他人から散々色々言われたにちがいないのだが、文句もいわずただひたすら彼等を想ってくれ通ってくれたこと。
一緒に戦ってもらえて嬉しかった。感謝で抱きしめたい気持ちである・・・。がきっとそれは困るだろうからやめておこう。

今後は彼等の飼いネコへの道と題して・・・?彼等の近況などをお送りします。。なんちって。

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ













最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。